電話占いアトランティスロゴ

咲那先生のブログ

心の滋養とアート

2022.11.23

先日、国宝展へ行ってまいりました。
遠い昔に、誰かが丹精込めて作った作品たちが、今も輝きを放っていました。
これを作った方々は、ずっとずっと後に、国の宝物になるなんて、想像もしていなかったでしょう。
どんな気持ちで創作していたのか…想像に胸が熱くなりました。

本当に素晴らしい作品たちに、心を洗われましたよ。


心の滋養に不可欠なのがアートなのです。
このように波動の高い美術品を家においておくことによって、自分自身の波動を保ったり、より高めることができます。
スピリチュアル的には、エネルギーは、五感を通じて交換されるといわれています。
美術品は視覚に入ってくるので、エネルギー交換がされやすいのです。

更に美術館に飾ってある絵で感動するのは、格が違うエネルギーを受け取ることができるからなのです。
国宝ですから、もう別次元です。

皆様にもこの良い波動をおすそ分けいたします。
こちらの絵はまだ、国宝ではありませんが、素晴らしい波動でした。

咲那(サナ)先生の記事